奇跡の清流 仁淀川~仁淀川とその流域の魅力~

みる

みる

仁淀川流域の季節の花をご紹介。

詳しくは下記をご覧ください。

 

1年間の花カレンダーはコチラ

【仁淀川町】ひょうたん桜

樹齢約五百年、樹高21m、根元廻り6m、県の天然記念物にも指定されている桜の古木。
学名はウバヒガンだが、つぼみの形がひょうたんに似ていることからいつしか「ひょうたん桜」と呼ばれるようになった。
また、「ひょうたん桜」のある地区は元々「大藪」という字名でしたが、この桜にちなんで昭和33年に「桜」と改称された。

【仁淀川町】中越家のしだれ桜

樹齢約200年のエドヒガン(ウバヒガン)桜。
土佐の国、別枝村 (現在仁淀川町別枝) 庄屋中越家は佐川領主深尾公の休憩の地とされその場所に現当主の祖父中越信記氏が植裁したものと伝えられています。
瀧のようにしだれ落ちる姿は妖艶な魅力。この庭で秋葉祭りの練りも行われます。

【仁淀川町】市川家のしだれ桜

代々関所番だった市川家では樹齢300年の美しい先代のしだれ桜があり、その子が現在の中越家の桜で、現在市川家にある樹齢50年の桜は、中越家の桜の子、つまり先代桜の孫に当たる。
柳のように枝がしだれ、その先にまで花が咲くのが特長で、中越家の桜と共に仁淀の春を彩る伝説の名物桜。秋葉まつりの前夜にはご祭紙も宿泊される由緒ある場所。

【仁淀川町】大渡ダム・茶霧湖畔の桜並木

大渡ダム・茶霧湖周辺の小道や斜面に、約3,000本のソメイヨシノが咲き誇る。
湖面や茶畑の緑とのコントラストが映えるドライブコース。

【仁淀川町】池川ふれあい公園の桜並木

仁淀川の支流・土居川の水面をピンクに染める池川ふれあい公園の桜並木。
土居川沿いにはソメイヨシノの桜並木が800m連なる。
オートキャンプ場になっている池川ふれあい公園にあるので夜桜見物にもおすすめ。

【仁淀川町】上久喜の花桃

仁淀川町上久喜地区にあり、地区の新名所にと15年かけて植えてきた、寒さに強い花桃。
地元住民が育てている桃の花が春になると満開になり、白やピンクの愛らしい花が山里を埋つくす。
満開になった景色はまさに「桃源郷」のようである、と言われている。

【越知町】コミヤマスミレ

横倉山には19種のスミレが自生しているが、牧野富太郎博士が横倉山などの標本をもとに命名したスミレが4種ある。
そのうちの一つがコミヤマスミレ。スミレの中で最も日陰を好むスミレの一つで、杉林の中のじめじめした所や、沢沿いのむした石のそばなどに多く自生している。

【越知町】織田公園の桜

横倉山の南斜面遊歩道登山口近くにある公園。
越知町コスモスまつり発祥の地で、横倉山にもっと親しんでもらいたいとの想いから織田氏が所有地に花木の整備をはじめた個人の公園だが、桜からツツジのころまで、またバードウォッチングにと年間をとおして多くの人々が訪れる。

【越知町】トサノミツバツツジ

横倉山などの標本をもとに牧野富太郎博士が命名した横倉山を代表する植物のひとつ。
横倉山のカブト嶽からの尾根沿いなどに多く自生している。

【越知町】アオテンアンショウ

横倉山と仁淀川町泉で牧野富太郎博士により採集したものをもとに新種として命名発表された。花の特徴としては、仏炎苞は全体が淡い緑色で、先端が 細長い糸状に垂れている。

【越知町】ヨコグラノキ

その名のとおり横倉山で発見されその標本をもとに命名されたヨコグラノキ。
発見命名1898(明治31)年は牧野富太郎博士。
その名を付けたヨコグラノキは現在も横倉宮の脇に現存し、若き牧野氏の感動が今も伝わってくるようだ。

【越知町】イナカギク

高知県を代表する菊であるシロヨメナによく似ている。
イナカギクは下部の葉は茎を巻くようにつく。
また葉に触れた感じがシロヨメナがザラザラとするのに対し、イナカギクは柔らかいビロードのような感触。
横倉山の“馬鹿試し”に見られる。

【越知町】ギンバイソウ

横倉山の中ノ宮“杉原神社”付近に小群生地がある。
7月上旬に樹齢数百年とも言われる大杉群のなかで白い毬の様な花蕾を付ける。
氷河期を生き残った植物としてまたお茶花としても知られる花は、本当に白い梅の花のようである。

【佐川町】フクリンササユリ

草丈50~100cmの多年草。
花は長さ10~15cmの漏斗形で、淡紅色~白色をしており、横向きに咲く。
牧野博士が命名。

【日高村】ニシキコバノミツバツツジ

本州(静岡県以西)~九州(北部)に分布するコバノミツバツツジの品種で、特に葉が小型化した日高村の蛇紋岩地特産種、ドウダンツツジとほぼ同時期に開花し澄んだ薄紅紫色の花は美しい。

【日高村】トサミズキ

高知県の蛇紋岩地特産種、ドウダンツツジ同様、江戸時代から花木としてよく知られているが、自生地は高知市近郊と日高村の蛇紋岩地のみに限られている、錦山には谷ぞいにかなり大きな個体が見られる。

【日高村】ドウダンツツジ

錦山が唯一の自生地とされる落葉低木、ヒロハにくらべて葉は倒狭卵型で、長さ2~3cm、幅0.3~1.5cmと小さく細長いが、中間形があり連続する。栽培品は特に葉の狭いものを選んで園芸化したものといわれ、錦山にはヒロハに混ざって点在するものと思われる。

【いの町】ミツマタ

春になると枝先に小さな花がまとまって半球状に咲く。
内側が赤くなるベニバナ(アカバナ)ミツマタという種類もある。花はよい香りがする。
樹皮は和紙の原料になる。しわになりにくく高級で、また虫害にもなりにくいので、1万円札などの紙幣や証紙など重要な書類に使われる。

【いの町】シャクジョウカタシ

県指定天然記念物。幹周3.2m、樹高13mという単体では日本一ともいわれる大木。
僧侶や山伏の持つ錫杖に似ているところからシャクジョウカタシと呼ばれる。
例年3月下旬に吾北・カタシの花祭りを開催。

【いの町】シャクナゲ

大きな花が咲く。花の色は白あるいは赤系統が多い。